貰って嬉しいかどうかを考える|出産祝いに最適なアイテム

赤ちゃん

出産のお祝いを贈るときは

ベビー用品

知っておきたいマナー

出産祝いは、赤ちゃんが生まれたことに対してのお祝いです。プレゼントの品を贈る以外にも、現金や商品券を贈ったり、手紙や電報、メールなどでメッセージを送ることも出産祝いの形式となります。出産祝いを贈るタイミングとしては、生後7日後から1ヵ月以内が目安となります。出産前に贈るのは、万が一のことを考えタブーとされていますので注意しましょう。渡し方ですが、最近は出産祝い品を配送するケースが増えています。母子の体調を気遣うためです。訪問するとなると相手も準備が必要です。相手からぜひにといわれた場合はよいですが、直接出産祝いを渡すために訪問する場合は、産後の体調が良いかどうか、相手の都合を確認するようにしましょう。また、出産祝いにプレゼントの品を贈る場合、悩むのが品物選びです。定番は、ベビー服やよだれかけ、おもちゃ、おむつやおしりふきなどのベビー用品です。たくさんもらっても困らないもの、実用的なもの、自分では買わないけれどももらえると嬉しいちょっと高級なもの、といった商品が喜ばれるようです。中でも最近注目されているのが、おむつケーキです。消耗品であるおむつをケーキのように積み上げ、ラッピングされた商品です。おむつと併せておもちゃやおしりふきなどを一緒に包んでくれる商品もあります。親しい間柄であれば、リクエストを聞くというのもひとつの方法です。その場合は、相手に気を遣わせないように、いくつか商品の候補を挙げて選んでもらうようにするとスマートです。

服とおもちゃ

専門店を活用

木のおもちゃは出産祝いや誕生日祝いなどに贈ると大変喜ばれるアイテムです。購入する際には、専門店を利用することによって、質の高い木のおもちゃを探すことができます。実際に店舗を利用して購入することで、使っている素材などを確かめることも可能です。

ベイビー

出産後のマナー

出産祝いのお返しは、頂いてから一ヶ月ほどで送ります。お返しする商品の金額が相手から頂いたプレゼントより高額にならないように注意しましょう。また頂いた人達の好みを考えてお返しするのが難しい時は、カタログギフトを使います。

ベビー用品

もらって嬉しいお祝いとは

出産祝いのプレゼントとして定番のベビー服は、あえて80cmサイズの服を選ぶと、まだ用意していない方も多く喜ばれます。また名入れのリュックも特別感があり、利用頻度が高いことから人気があります。名入れのスタイやタオルは上質な素材の、高級感のあるものを選ぶと喜ばれるでしょう。